AOZORAセミナー「まちなかで土壁の家をふやす会Vol.2」開催!

11542058_273368359504980_4839651440378943545_n

去る6月25日に、第二回目の土壁セミナーが開催されました。
講師は、会の事務局メンバーでもある建築家の遠野未来さん。自身のこれまでの道のりを説明する形で、土壁の家が持つ無限の可能性を語りました。

11639603_859291367478342_1356376189_o
遠野さんの「土壁歴」は、神田に建つビルの一室にあったご自身の住まいを土の空間に変身させることから始まりました。
ご家族が体調を崩され、現代建築の新建材に囲まれた空間が人の住まう場所としてふさわしいか、疑問を抱いたのがきっかけです。

suofficesketch
やわらかな曲線を描く土壁の空間を実現させた遠野さんは、自らの仕事を通して土という素材の可能性に気づき、様々な試みを続けてきました。
11121053_859291347478344_25926845_n
11259927_859291354145010_1585168692_o
11639089_859291350811677_1622555174_o
これまでの仕事ひとつひとつを丁寧に紹介しながら、美しさ、心地よさ、優しさで包み込む土壁の家こそが、これからの日本の家にふさわしいのではないかと、遠野さんは主張します。
確かに、鉱物という無機質な素材であるはずの土によって作り出された生命力あふれる造形からは、大量生産された工業製品では決して味わえない安らぎがにじみ出ているようです。

この日は、出版、建築、インテリア、パーマカルチャーなど様々な分野に携わる参加者が熱心に聞き入り、また質問をぶつける姿からも、土という素材がいかなるジャンルをも越えて共感を生む素材であることが感じ取れた一夜でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aozora

投稿者プロフィール

農・食・音の地域フェアトレードマーケット
あなたにも出来る!AOZORA活動!

この著者の最新の記事

関連記事

AOZORAマガジン

  1. IMG_2916
    1995年のデビュー以来、常に第一線で活躍しているロックシンガーの相川七瀬さん。近年、重要無形文化財…
  2. 140
    映画『100年ごはん』上映会+トークイベント╱4月26日(日)11時~14時、圓融寺客殿にて …
ページ上部へ戻る